インプラント

インプラント

思いっきり噛めるようになった
人前でも口を開けて笑えるようになった
大好きな食事をとれるようになった 等…

歯を無くされた方にとってインプラントはとても素晴らしい治療です。
しかし、どうしても治療費が高額になることで諦められている方が多いのも事実。
格安インプラントもあるにはあるけれども品質が心配という声もあります。

そこで、飯田歯科医院では、日本口腔インプラント学会の専門医ドクターを招聘して質の高いインプラント治療を行えるようにし、なおかつ総額29万円とセラミックなどと同じように飯田歯科らしい(?)良心価格に設定しました。(※静脈内鎮静や骨造成などは別途オプション料金がかかります)

それでも決してお安い料金ではないかも知れませんが、上記のような特徴を備えたインプラント治療としてはかなり思い切った価格だと思います。

飯田歯科医院独自の10年保証も設けていますので、患者様には長期に渡って安心してお使い頂けるかと思います。

用賀エリアでインプラントをご検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

インプラントとは

歯科で行うインプラント治療とは、歯が無くなってしまった部分に新しく第二の永久歯とも言える人工の歯根を植え、固定式の歯(ブリッジ)を入れることによって、もとの自分の歯と同じように食べ物を噛めるようにする治療法です。インプラントの長所として、他の健康な歯を削らなくても良いと言うことと、義歯のように口の中に大きなものが入っているような異物感や違和感がないことが上げられます。

インプラントはこんな方に

Q:インプラントの手術は痛くないですか?

A:局所麻酔をして行いますので、手術中の痛みはほとんど感じません(歯を抜くときの痛み程度と考えてください)。

Q:ブリッジのところをインプラントに変えることができますか?

A:ブリッジ部分の欠損の所に、インプラントを入れることは可能です。そして、欠損部はインプラントで歯をつくり、土台に使っていた歯は冠をかぶせ直すと歯も長持ちします。

Q:インプラント治療にかかる期間はどれくらいですか?

A:通常、3ヶ月から6ヶ月くらいかかります。一般的に、インプラントが顎骨と結合するのに下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月必要と言われています。一定期間安静にした後上部に歯の部分を作成し、合計すると下顎で4ヶ月、上顎で7ヶ月くらいかかります。また骨量が少ない場合は、骨増成でさらに3~6ヶ月必要となります。

Q:インプラント手術は誰でも受けられますか?

A:年齢的には顎の骨が完成する18歳以上から、健康であれば高齢の方でも大丈夫です。 但し、お口の清掃が十分にできない方、重度の全身疾患(重度の糖尿病、心疾患、腎疾患、肝疾患、喘息等の呼吸器系疾患、高血圧等)のある方、妊娠中の方などはできない場合があります。

Q:インプラントはどのくらいもちますか?

A:噛む力は、その人の体重に相当すると言われます。そんな悪い環境でもデータ的には、10年で約90%持つと言われております。長持ちするか否かは、2つのことに大きく左右されます。ひとつは、噛み合わせです。いくらインプラントが丈夫でも、残っている歯が抜けたり動揺すれば、インプラントに過大な負担が生じ、寿命が短くなります。もうひとつは、汚れです。天然歯の歯槽膿漏と同じで、インプラントも細菌感染により、歯周病にかかり、寿命が短くなります。長持ちさせるには、歯科医師、歯科衛生士の指示を守り、日頃のセルフケアと処置後の定期的なメインテナンスが大変重要です。