レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療とは
今までの歯科治療と言えば、「抜く」「削る」「痛い」などと言った不愉快なイメージが強かったのですが、レーザーは痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」こ とを最小限にします。歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく、虫歯になりにくくしたり、虫歯になってしまったら必要 最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。
レーザー治療でこんなことができます

虫歯予防と治療

レーザーは、歯ブラシでは届かないところでも、熱エネルギーで虫歯キンをやっつけてくれます。しかも、レーザーによって歯が強くなり虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、除去することもできます。

歯周病

歯と歯グキの間のミゾにレーザーをあてて歯周病キンをやっつけます。レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みが おさまり、治りを早くします。ブラシッング指導・歯石除去ほかの歯周病治療と併行してレーザー治療を行います。

歯の黒ずみ

メラニンという色素により歯ぐきが黒くなることがあります。こんな時もレーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去します。数日後にはもとのきれいなピンク色の歯グキに生まれ変わります。

レーザー1

口内炎

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

レーザー2

知覚過敏

レーザーで治療することにより、歯の表面に薄い膜ができ孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。
最新機器のご紹介

オペレーザー

オペレーザーPRO当院では、ヨシダ社製のオペレーザーPROを用いた治療をしています。照射部位の組織活性が促進され治療が早く術後の痛みも少ないことが特徴です。主に歯茎の腫れなど軟組織の治療に用いています。機能切開蒸散トリートメントの3つの機能を有しており、切開モードでは、通常のメスで切った場合は当然出血しますが、レーザーだと出血もな く切開できる優れものです。抜歯などをした後に蒸散・凝固機能を用いると傷の治りが良くなります。インプラント歯周病歯肉炎口内炎歯の根の膿などに非常に有効で医師としても患者様にとっても効果的な診療機器です。