小児歯科

小児歯科
キッズルーム完成しました
こじかクラブってなあに?

「どうせ生え変わって永久歯になるから、乳歯のときに少しくらいムシ歯になっても・・・」
いいえ、そんなことはありません!!
最近では、「噛む」ことが、知能の発育に重要な役割をしていることもわかってきましたし、アゴの発達や永久歯が生えるためのスペースを確保し、次に生えてくる永久歯の歯並びのために、乳歯はとても大切な役割があります。
だから、飯田歯科医院では、乳歯の萌出が始まる1歳前後から、永久歯が生え揃う12歳頃まで、むし歯予防を中心とした良い生活習慣を身につけることをバックアップします。
「こじかクラブ」とは、乳歯をむし歯から守り、健康できれいな永久歯が生え揃うよう、ご家庭と歯科医院が一緒になって、こどもたちのお口の成長を守り、育てる楽しい会員クラブのことなんです!!

会員になるとどうなるの?

定期健診で行うことは
shoni02-01

4ヶ月に一度お口の状態を調べます。
必要であれば治療します。

虫歯になりにく歯を強くするフッ素塗布

フッ素は、むし歯菌を寄せ付けにくくするもので、歯ブラシなどで塗布します。

お口をきれいにする歯磨き指導

テスターを使って、磨き残しに色をつけて丁寧に歯磨き指導をします。
(来院時には必ず歯ブラシをお持ちください)

歯をピカピカにするクリーニング

歯には丁寧に磨いてもとれにくい箇所があります。
定期的に専門家が歯の表面を特別な道具でツルツルにお掃除します。このことで、むし歯になる可能性を大幅に減少させます。
shoni_03_2

費用は・
院長の考え方

「歯医者が嫌い」といわれる方の中には、小さい頃に歯医者で嫌な思いをしたことがある人が多いようです。つまり、小さいときにこそ、恐がらせない、無理やり治療をしない歯医者さんに通うことが大切です。そうすることが将来的に、その子がいつまでも健康な歯を保っていくための礎となります。
飯田歯科医院では、お子様に「歯医者さん、好き!」と言ってもらえるように、できるだけ嫌なイメージを持たないように、心がけて診療しています。
泣いても、暴れてもできる限りこちらもがんばって対応します。たとえ虫歯を削ってつめる事ができなくても進行止めの薬を塗るだけでもかまいません。できた事を褒めてあげて、治療を休まず通えば自然と一人で椅子に座って治療できるようになります。治療がいやで、診療台の上で30分以上もぐずりながらも進行止め薬の塗布しかできないでいた子がある日突然きちんと口を開いて治療をさせてくれるようになることもあります。
そうやって泣きながらもがんばって通って虫歯治療し、そのあと定期的にフッ素を塗りにきてくれる子たちは明らかに綺麗な永久歯が生えてきているのです。
あなたの大切なお子様の、大切なお口を健康にするためのお手伝いをさせていただきます。
飯田敬院長